2022年7月1日金曜日

37℃の三鷹にて

【慈しみ深くわたしを顧み 〜ペルゴレージからバッハへ〜】、無事終演しました。
当日の昼、三鷹に降りたったら、地元より5℃も暑くてびっくり…😵
良いお天気で夜になってもあまり気温が下がらず、そんな中お越しくださった多くのお客様、本当にありがとうございました!!

プログラム前半は、ペルゴレージの小規模な美しい声楽曲2曲と、レオナルド・レーオのシンプルな溌剌とした器楽曲。
後半は、ペルゴレージ作曲「悲しみの聖母」のバッハ編曲版。

歌詞は全てドイツ語の詩篇に、歌の旋律も複雑に変わり、ヴィオラパートが大幅に加筆されて大活躍(だったので今回の影の主役はヴィオラの廣海史帆ちゃんでした💕)、最終曲は驚きの調性変化もあり、いろいろ面白かった!
流麗なイタリアから剛健なドイツへ、まさにそういう感じ。



ガタガタに悲鳴をあげていた身体も、リハ初日には、演奏に支障がないところまで急ピッチで復活してくれました…6月後半は災難だったなぁ😭
痛んだ後に大切なのは、地道に、入浴とストレッチと適度な日常生活。覚書。

そんなこんなで気付いたら早くも梅雨が明けていたので、撮りためていた紫陽花の写真を急いで載せます。。


🌱 出演情報 更新しました

2022年6月24日金曜日

ガタガタマリ

もういっそ改名しようか…と思うほど、この1週間とちょっと、身体が強烈にガタガタしています。
何をするにもまずは腰なんだよ!と、数年に一度、忘れた頃に衝撃的に思い出させてくれる😅
そして、喉元過ぎると忘れてしまうんだなぁ。。

しかし年齢と共に治りは遅くなり、数日前からはなぜか家族まで仲間入り、晴れてガタガタファミリーです🌟


この数ヶ月、公開用ではない秘密の(?)録音や撮影が何度かありました。
録音って、なんであんなに緊張するんでしょうね。
音楽は息、演奏中は自分と楽器がシンクロして息が流れていくことが何よりも大切、って自分にも人にも言い続けているのに、気づくと、がっちり呼吸を止めて力技で弾いている…。

本当はどんなときも、綺麗な花の香りをまとうように、リラックスして弾きたいところ。
くちなしの甘い香りがふわっと漂ってくる、心地良い季節だし。


🌱 6/29「慈しみ深くわたしを顧み ペルゴレージからバッハへ」チケットまだございます!
ぜひお誘い合わせの上、御来場ください🎶
お申し込み・お問い合わせ:gumi.tickets@gmail.com(小林)

2022年6月14日火曜日

busy doing nothing 再び。




梅雨入りして早くも1週間が過ぎ、少し鬱々とした日々。
気持ちをほぐしてくれるのは、道々に咲く紫陽花と、5年ものの自家製梅酒😋

先日の東京バロック・スコラーズ公演では、大ホールいっぱいのお客様が、長い時間をかけて諦めずに練習を続けてこられた合唱団の皆さんの、渾身の演奏を受け止めてくださいました。
私は久しぶりの受難曲で脳内フル回転…撮った写真は相変わらずの鍵盤下のみ。。

19年前、全くのまっさらでバッハの世界に飛び込んだ時に買った、ヨハネ受難曲のスコア、ついに卒業しました。
通奏低音の数字が小さくて見づらくなってきてしまったこともあり、これまでの大量の書き込みから取捨選択して新たな大判スコアに書き直し、対訳なども書き込み、これからの良き相棒となってくれるよう大切に大切に…。

という作業をしたのは実は2年以上前で、結局延期となってしまった東京バロック・スコラーズ公演に向けてのことだったので、やっと使えて嬉しかったです💦
今後もたくさん、この楽譜で弾ける機会に恵まれますように!!



さて、月末の楽しみなコンサートまで、あと2週間となりました♪

ペルゴレージの《スターバト・マーテル》は、学生時代にのめり込むように聴いていた大好きな曲のひとつ、今回はそのバッハ編曲版を初めて演奏します✨

カップリングの曲たちもなかなか演奏機会のないものばかり、それをこの素敵なメンバーで弾けるというのもあって、とにかく、すごく、楽しみ❗️😍

「風のホール」はなかなか大きな空間で、今のところ、響きも人口密度も、とても広々です…!
ソプラノの小林恵ちゃんが自らデザインしたこの綺麗なチラシをご覧いただき、6/29の夜は、ぜひ三鷹へお出かけください🐾

お申し込み・お問い合わせ 📩 gumi.tickets@gmail.com(小林)


🌿 出演情報 更新しました

2022年6月2日木曜日

さて。

新緑が深まっていく日々、6/5のヨハネに向けて、リハが続いています。
2014年からご一緒している東京バロック・スコラーズ、一昨年の3/21(バッハの誕生日)に開催予定だったこの公演、2度の延期を経て、想いのこもった2年越しの開催です。

美声のエヴァンゲリスト、畑儀文さんが丁寧に紡がれる言葉に導かれて弾くレチタティーヴォは鳥肌が立つし、真骨頂、コラールの数々は、いつ聴いても胸に迫ってきます。
心の中の特別枠に入っているヨハネ受難曲、精一杯の演奏を。

   ・  ・  ・

今年の8月、箱根にて、新たな音楽祭が誕生します❗️

オケや古楽の現場で何度もご一緒してきた、独創力と実行力が溢れんばかりに輝きを放つ若手コントラバス奏者、布施砂丘彦さんがアートディレクターを務めるということで、多種多様なプログラムの中から、3つの公演に出演することになりました。

布施くんの企画なら、きっと楽しいに違いない。

チケットは本日6/2の18時から販売開始とのこと。
この夏はぜひ、箱根おんがくの森へ🌿


🌼 出演情報 更新しました

2022年5月25日水曜日

杜の都にて

8年ぶりの仙台は、明るく賑やかで、緑が美しく、空気が爽やかでした🌿

第8回仙台国際音楽コンクール ヴァイオリン部門予選、J.S.Bachのコンチェルトの通奏低音を弾いてきました。
動画での予備審査を通過した世界各国からの43名が予選に進出、いろいろな理由での辞退があって、結局37名の出場者。

仙台フィルハーモニー管弦楽団&山形交響楽団で弦楽器オケを3チーム構成し、私は仙台フィルの方々と共に、13名の出場者とご一緒しました✨

レベルの高いコンクールで、全員がもう本当に本当に上手かったので、みんな受かったらいいのになぁ…なんてちょっと切なく。。


チェンバリストは、廣澤麻美さん(東京)・梅津樹子さん(山形)・私(千葉)。
チェンバロは基本的にいつも1人でアンサンブルに入る楽器で、こうやって先輩方と長時間お会いしたりお話ししたりできる現場はめったにないので、とても嬉しい毎日でした😍

楽器提供と調律は、ハヤシチェンバロ製作所/林裕希さん(宮城)・久保田チェンバロ工房/嶋田ひろみさん(千葉)& 新井千笑さん(埼玉)・カラタチェンバロ/唐田友裕さん(愛知)。
分刻みのリハ⇆本番の過密スケジュールにやられて、日を追ってへろへろになっていく私たちを、物理的にも精神的にもサポートし続けてくださいました😭



オケ3チームが同時並行の別スケジュール(これを完璧に計画・準備・進行されたオケスタッフの方々、心から尊敬します)、唯一同じ時間にリハ終了となった初日は、チェンバリスト組で牛タン!
初めての、牛タンのたたき、絶品でした💕

2日目はリハ前に仙台朝市に立ち寄り、手作りのずんだの団子を。
3日目は、終了後にふらつきながら入ったお店で、宮城の地酒と仙台長茄子漬けで、じんわりと疲れを癒し…。

最終日は仙台駅の寿司屋で、ひとりお疲れ様会。
そして、本番前の楽屋でのひとときを癒してくれたのは、朝市で出会った東北の味、しそ味噌のおにぎり。


🔶 コンクールの模様はyoutubeでライブ配信されていて、明後日27日から始まるセミファイナル〜ファイナル〜表彰式にガラコンサート、来月のピアノ部門も、全て見ることができます!
🔷 ヴァイオリン部門予選は既に結果も出ていますが、出場者全員の演奏を見られるようになっています。
オンデマンド動画 → https://simc.jp/8th_competition/movie/

2022年5月14日土曜日

地産地奏♪

千葉ゆかりの音楽家たちによるコンサート、おかげさまで無事終了しました☺️
荒天の中お越しくださった皆様、どうもありがとうございました!

 鎌ヶ谷市出身のフルート 金野紗綾香さん
 佐倉市出身のオーボエ 居石和代さん
 船橋市在住のファゴット 小林道子さん
 市川市出身のチェンバロ 私

 我孫子市出身の調律 加屋野木山さん
 船橋きららホールの素晴らしいスタッフの皆様
 応援・協賛してくださった船橋の皆々様
 手元でこっそり応援 チーバくん

 という、とっても千葉!な布陣での開催でした🌟

今はまだ遠出は難しくても、地元で生のコンサートを、それも地元ゆかりの出演陣で楽しんでほしい、という、ファゴット 小林道子さんによる渾身・情熱の今回の企画。
開催までの長い道のり、膨大な準備と広報活動を地道に重ねてこられた、道子さんのエネルギーに、ひたすら頭が下がります💦

今回はおそらく、今まで出演した中で、家から最も近い場所でのコンサート!
テンションが上がって、リハ前にチーバくんグッズを買い足しました(チーバくん大好き)😍
千葉愛に包まれて、とっても嬉しい一日を過ごさせていただきました🎶

また千葉で弾く機会に恵まれたらいいな〜。

🌱 出演情報 更新しました

2022年5月8日日曜日

爽やかな林のほとり

今年も、福澤宏さんの生徒さんたちの発表会で弾かせていただきました🌹
大好きなヴィオラ・ダ・ガンバに囲まれる、心から幸せな一日、美しい響きの聖堂にて。

良い曲、良い演奏、良い笑顔、いっぱいだったなぁ😌
そしていつも教わることが尽きなくて、胸がいっぱいです。

9月には、こちらも毎年恒例となった、軽井沢でのガンバの日々が待っています。
9/18は福澤宏さんとのコンサート、9/20は生徒さんたちの発表会、森の中にある、大切に育まれた音楽堂にて🌿

そして、今年の《ひとり琴》は、11月4日@紀尾井町サロンホールに決定しました❗️
詳しい内容が決まりましたら、またお知らせします🎶

🌱 たくさんの楽しみな 出演情報 更新しました

2022年4月30日土曜日

この季節といえば…









昨日から古楽コンクールが始まり、関係の方々が奔走していらっしゃいます。
毎年山梨の甲府で開催されるコンクール(とコンサート・楽器展示会)ですが、今年は府中と立川での開催🍀

私のホームページの、チェンバロが6台ずらっと並んでいる写真は、ちょうど10年前にこのコンクールの本選(の練習時だったかな)で撮ってもらったもの。
日本各地からたくさんの製作家・技術者の方々が楽器と共に集う、年に一度のこの3日間は、勉強中の駆け出しにとって夢のような日々でした☺️

今年も、充実の3日間が、無事終えられますように。

 ・ ・ ・

この季節、どうやら発表会シーズンのようで、週末になるといろいろな門下で行われています。
先週末は、数年前までチェンバロクラスの講師をしていた宮地楽器の、リコーダークラスの先生方にお誘いいただいて、参加してきました🎶
写真は、講師の福岡恵さん、川端りささんと。

発表会のチェンバロ助演が実は大好きで、、熱意あふれる多くの方々と出会い、たくさんの曲を短時間のリハで仕上げて信頼関係を築き、緊張感たっぷりの本番をご一緒する、という過程に、燃えます😍
本番後に皆さんが見せてくださる、プレッシャーから解放された最高の笑顔も、大好き。

来週末は、ヴィオラ・ダ・ガンバの発表会@東久留米で、またたくさん弾きます!
普通のコンサートでは実現し得ない、幅広いプログラム、様々な楽器、出演者ごとの個性、お楽しみいただけるのではと思います。
どなたでもお入りいただけますので、ぜひ🌟

 ・ ・ ・

そしてもうひとつ、この季節といえば、『チェンバロの日』。
日本チェンバロ協会は創立10周年、新緑の季節のこのイベントも恒例となりました。
今年は5月21・22日の開催@世田谷区 松本記念音楽迎賓館。

良い季節の、素敵な催しです、皆様ぜひ🌿

2022年4月17日日曜日

もくろみ🌷

晴れた休日、柏のチューリップ畑へ!
鮮やかな色の洪水に圧倒され、時折、隣に広がる新緑の原っぱで目を休めては、また満開の春を堪能✨

この広大な畑に球根をひとつひとつ手で植えた方々は、無事こうやって綺麗に咲いて、みんなが笑顔で散策するのを見て、きっとすごく嬉しいだろうなぁと、なんだか胸が熱くなりました。。

数日後にリハでおじゃましたスタジオでは、チェンバロの響板にチューリップが…😍

来月13日のコンサート@船橋のリハも開始。
「千葉ゆかりの音楽家」だけで構成するアンサンブルで、しかも千葉で公演開催というのは初めてで、とても嬉しいです🎶

何かが動き出す時というのは重なるもので、年内から来年にかけていくつか新しく、楽しみな本番が決まったり、計画を始めたり。
そして、今年の《ひとり琴》についても、まもなくお知らせできそうです!

焦っても仕方ない、なるようになる、でも着実に、そんな気持ちで春を歩いているところです🐾

🌱 出演情報 更新しました

2022年4月8日金曜日

レコーディング終了!


4年ぶり、CDのための3日間にわたる録音を無事終えて、ほっと一息。

カウンターテナー/青木洋也さん&リコーダー/高橋明日香さんによる企画(ご夫婦でのCD共演はなんと初めてとのこと!😳)に参加させていただきました。
通奏低音は、長いお付き合いで心から信頼するチェロ/武澤秀平さん、そして待望の初共演、テオルボ/瀧井レオナルドさん。

こだわりの選曲、難曲も多く、何度も弾いて、聴いては相談し、また何度も弾いて、みんなでアイデアを出し合い励まし合いながら、頑張りました❗️

CDとなって音として聴こえてくるものはもちろん私たちの演奏ですが、その裏側には、長時間にわたる極度の集中が続く現場で、効率良く正確に、かつ演奏家のやる気を削がないように気遣いながらディレクションをし続けてくださる、音をまとめるプロである録音技師さん(録音後は大量の編集作業も😣💦)、私たちがとにかく演奏だけに集中できるよう、つきっきりで楽器を常にベストな状態に整えてくださる楽器技術者さん、目と耳のアンテナを緩めることなく、演奏と楽譜を照らし合わせながら修正点を見つけてアドヴァイスを繰り返してくださるスコアチェックのスタッフさんがいらして、その方々のおかげで、レコーディングが成り立ちます。

大変だー疲れたーと大声でこぼしながら弾き続ける私たちの横で、同じくらい疲れているはずなのに笑顔を絶やさず支え続けてくださった皆さんには、本当に感謝しかありません。

年内にはおそらく形になると思いますので、またお知らせします🎶

録音会場の、彩の国さいたま芸術劇場音楽ホールの風景と、先日のHakujuとはまた違う景色を見せてくれた鍵盤下の世界(よく考えたら楽器が違うから当たり前か😅)↓