2020年1月26日日曜日

《息吹き》と ちょっとマニアックな楽譜の話

2月3日の通奏低音組合 第5回公演《息吹き》に向けて、リハーサルが進んでいます🎶

どの曲も冒頭から、予想のはるか上を飛び超えていく和声進行やフレージング、もう驚きの連続…
ただ「バロックと古典の隙間」と言ってしまってはあまりに表現不足、なんて斬新で面白い時代なんだろう❗️

調性という大きな制約を軽々と解き放つ、クヴァンツの新鮮な感性。
万華鏡のように次々と新しい音型を繰り出して楽しませてくれる、陽気なプラッティ。
イレギュラーという言葉はこの人のために…?!と思わされる、クラインクネヒトの奇想天外さ。

本当にわくわく満載のプログラムになりました😍✨


後半で1曲、ソロを弾きます。
久しぶりのお手合わせ、大バッハの次男 カール・フィリップ・エマヌエル・バッハの、ヴュルテンベルク・ソナタ第5番です。

今回はプログラムのほぼ全てを手稿譜で演奏しますが、このソナタの楽譜、2楽章に、ぜひご紹介したいお気に入りポイントが💛

実はこの楽章、この時代においてはかなり珍しい、変ホ短調(調号6個)という込み入った調性で書かれています。
(正直、鍵盤の古典調律の点ではお手上げ…)


調号を書く順番は本来、五度圏の進行順に決まっていて、変ホ短調だと♭をシ→ミ→ラ→レ→ソ→ドの順に置いていくのですが、写真1枚目を見てください、その順番を無視して上からなだらかに、ミレドシラソと下降しているのです。

そしてこの楽章のモチーフは、半音階。
ため息のような、優しい涙のような、隣り合った音へゆっくりと移っていくモチーフが一貫して流れ続けます。
C.P.E.バッハはこの曲調を、調号の書き方、つまり楽譜デザインにも反映しているのです。


変ホ短調という調性上、曲が展開していくと、より込み入った臨時記号「ダブルフラット」が頻繁に登場します。
これも本来は♭♭と2つ並べて表すのですが、この写真のように、なんとサイズの大小で表現。
ここ大事なところなんだ!と強調して大きく書いてくれたんだなと、ついこちらもより想いを込めて音を出したくなるのです。


現代の出版譜ではどちらも標準表記に直されているので、やはりそこからは読み取れない多くのことを、オリジナルに立ち返ることで発見できる、これが楽しい😋

そんなことを考えて、ニヤニヤしながら練習しています。。
ぜひ聴きにいらしてください❗️

※ 公演前日2/2アウトリーチも、もう少しお席ございますので、こちらもぜひ🎶

2020年1月16日木曜日

カヤジャムデビュー

シンガポールでよく食べられているという、カヤジャムなるものが家に初登場し、たぶん材料のひとつ「パンダン」の香りなのか、独特な異国感に包まれている昼下がりです🌿
ココナッツ美味しいし、ジャム売り場って楽しい✨


先日の合唱団セタガヤ・クォドリベットの第5回演奏会、熱い時間でした!

ほとんどのオケメンバーが創立演奏会からずっと変わらず😊
毎回演奏会の数日前からの合流でも、団の皆さんが心から温かく迎えてくださって、あっという間に家族のような雰囲気になるのは、すごく幸せなこと🌸
この団でいつも感じるのは、本番の第一声の音圧がとにかくすごい!!
長い時間をかけて作り上げてきた音楽、本番にかける意気込み、熱意の詰まった歌声が、ビシバシと背中に浴びせられ、こちらも「よし、絶対に良い本番にしよう!」と発破をかけられるのです。

今回も、(真顔になる難しさの)素晴らしいカンタータを4曲とモテットを1曲、ありがたいなぁ…と思いながらたっぷり弾かせていただきました😌💕


その2日前は、いろいろな演奏会や合唱団などでもう長いお付き合いの、ソプラノ清水梢さんの生徒さん&指導グループによるコンサート、珍しくピアノで今年の本番がスタート🎶

バロックから現代まで、時代も国も様々な、たくさんの魅力的な曲を個性豊かな歌い手さんたち&梢さんと演奏できて、会場最寄りの馬車道駅や横浜の古い街並みも素敵で、とっても楽しい一日でした😍

  

 * * *

🌱 2/3 通奏低音組合 第5回公演「息吹き」まであと半月☆
前日のアウトリーチと共に、まだまだご予約受付中です❗️

2020年1月9日木曜日

あけましておめでとうございます🎍

今年もよろしくお願いします🎶
新たな一年、またいろいろと素敵なことがありますように😊

年末ぎりぎりに思い立って行き先を決めた旅、年越しは伊豆七島の入り口、大島で過ごしました。
記録も兼ねての旅行記、よろしければお付き合いください🐾


よく晴れた大晦日、竹芝桟橋からジェット船に乗り(ターミナルには島民専用の控え室が!)、両岸に千葉と神奈川を眺めながら東京湾を南下、外海の波の大きさに驚きつつ、なんとか酔わずに大島へ到着💦

大島には港が2つあって天候で使い分けている、ということを前日まで知らず、到着港ではない方の町に宿をとったので、初日から最終日まで、観光も含めてバスにたくさん乗りました!
おかげでわりと早く地理に慣れた♪


初日の出はきっと起きられないので早々に諦め、そのぶん日の入りを堪能✨
空の広い島で見る夕陽はとても綺麗で、夜は星も大きく、遠くに美しくそびえる富士山も毎日眺められて、お天気に恵まれて本当に良かった😆

大島には大学駅伝の選手たちがたくさん合宿に来るそうで、泊まった旅館でも年明けはその話題でもちきり。
お正月らしい朝ごはんをいただきながら、女将さんたちと一緒に広間で応援しました🎌


大島といえば椿、元日は、約1,000品種(!)の椿が植えられた椿園を散策🌺
海を眺めながら、お隣の広々とした動物園を巡り、名産の明日葉をラクダにあげたり(いろいろカルチャーショック…)、エミューが元旦に産んだばかりの大きな濃緑の卵を見つけたり☆

島の南端にある美しい波浮(はぶ)港へも行きました。
穏やかな小さな湾内に、人々の生活の空気があり、子供たちが釣りをしている横で、夕陽が波に揺れ。
素敵なところだった。


この帰り道にバスの車窓から見た、地層の大切断面が、火山島 大島の歴史を感じた第一歩でした。

翌日、島の中央の三原山へ🌿
全島民が島外へ長期避難した、34年前の噴火の痕跡がそのまま残っている、溶岩の道を辿り、果てしなく遠く高く見える山頂まで一歩一歩足を進める。

色の少ない冬の山肌、ジャリッジャリッと溶岩のかけらを踏みしめる自分の足音が止まると、完全に音のない世界。
そして山頂にぽっかりと口を開けていたのは、直径300メートル/深さ200メートル、ところどころ蒸気の立ち上る、大噴火口。

言葉を失う光景でした…。
'86年の噴火の時、奇跡のようにそこだけを避けて溶岩が流れていったという、山頂の三原神社で初詣。

振り返って見えた、海の先に続く島々の、神々しかったこと。
そして、ふもとの喫茶店で食べたお汁粉の美味しかったこと。

翌日は火山博物館を訪ね、噴火当時の映像なども見てきました。


大島には、約300万本のヤブツバキが自生しているそうです!
椿ってちょっと大仰な、派手なイメージがあったけれど、大島の椿たちはなんというかすごく自然体で、可愛かったな😃

お土産に買ってきた島の焼酎を少しずつお湯割で飲みながら、しみじみいろいろ思い出す、良い旅でした🐫


 * * *

🌱 今週末は歌の方々とのコンサート♪
🌱 2/3 通奏低音組合 第5回公演「息吹き」チケット販売中!!

2019年12月29日日曜日

今年もたくさん ありがとうございました!!!


仕事納めして、楽譜や楽器部屋の整理も済ませ、近所の餅つきも行ってきました😋
ようやく年の瀬だな〜そろそろ今年の総括でも…と思っていたら、ポストに厚さ2cmくらいの楽譜の束がドサッと到着💦
もうひとがんばりします♪

今年いろいろな場所で出会った動物たちの、気に入ったけど載せてなかった写真、載せとこう🐾




今年は大晦日から出かけて、いつもとは違う場所で年越しの予定です、わくわく🎍
写真たくさん撮れるといいなぁ😃

 * * *

🌱 出演情報ページ / 過去の演奏会ページ(2019) 更新しました
🌱 2/3 通奏低音組合 第5回公演「息吹き」チケット販売中!!

 * * *


いつも応援してくださる本当に多くの皆様のおかげで、今年も無事、充実した演奏活動を続けてくることができました。
心から御礼申し上げます。
どうぞ皆様、良いお年をお迎えください💝

2019年12月18日水曜日

コンサート終了♪

12/13のメサイア・フェスティバル・クワイア(MFC)の第一回公演、たくさんの御来場とサポートをいただき、無事終了しました❗️

長い歴史のあるJVC合唱団を引き継ぐ、という意味合いもしっかり含みつつ、新たなメンバーもたくさん加わった新合唱団の旗揚げ公演として、おかげさまで良いひとときを作り上げることができたと思います😊

自主運営の合唱団として活動開始して1年目、運営を担ってこられた事務局担当の団員さんたちの深い情熱に、心からの感謝と拍手を…💝

伴奏ピアニストコンビとしてずっとご一緒してきた、先輩チェンバリストの平山亜古さんと共に、今年もコンサートでは隣同士でオルガン&チェンバロ♪
そして調律師さんも、いつもお世話になっている木村オルガン工房の木村秀樹さん&アトリエ響樹(チェンバロ)の加屋野木山さん(よく見るとお二人が写真のどこかに…!)。

たくさんの「ありがとう」を音に込めて奏でた、メサイアでした🌟

来年のMFCは、12月14日のコンサートに向けて、2月5日から毎週水曜18:30〜、大久保の教会をお借りして、練習を重ねていきます。
曲目はヘンデル《メサイア》、今年とは違うバージョンに取り組むそうなので、また新たな発見がいろいろあるかも😉

最初の数ヶ月は初心者にもしっかりと曲に慣れてもらうための丁寧な練習がありますので、ご興味お持ちの方はぜひご一緒しましょう!!


MFC事務局 → newchorusbluetree@gmail.com

  🍁 🍁 🍁

メサイアの翌日は、古楽ファンなら知らない人はいない、来日中の歌姫ジル・フェルドマンさんの公開マスタークラスで、全受講生の伴奏を。
小柄なジルさん、出てくる声は深く美しく、様々な言語を自由に操って豊富な知識を惜しみなく伝えてくださり、とても有意義な一日でした💛
それにしても、全く疲れを見せずに丸一日のレッスンをこなされた彼女のタフさ…尊敬です😱

 🍁 🍁 🍁

なんだか年の瀬という感覚がないまま12月も半ば過ぎてしまいましたが、今年の出演コンサートはおかげさまで全て終了し、あとは合唱団とレッスン(と飲み会)だけになりました♪
町内の餅つき大会がまもなくなのでワクワク😍

2019年12月7日土曜日

近況とコンサート情報

先日、チェンバロ工房の隣に広がる公園で紅葉狩りを🍁
秋が終わりかけるこの季節、枯葉のすれ合う音が心地良い、穏やかな昼下がり。

◆ 今年結成した合唱団メサイア・フェスティバル・クワイアの第1回公演、いよいよ来週の金曜日開催です!
深い情熱で運営を担ってくださる団員さんたちと、4月から頑張って練習を重ねてきた皆さんとの集大成の《メサイア》、私もオケの一員として、最後までご一緒します♪

昨年末に有終の美を飾ったJVC合唱団の伝統を引き継ぎ、今年もホールロビーにて、クリスマスのお菓子や紛争地帯から届けられた温かな手作りの品々などが並ぶ、NGO団体によるバザーがあります。
いつもこのバザーを見てまわるのが楽しみだったので嬉しい🎄
御来場の皆様にも、ぜひ楽しんでいただけますように✨


◆ 同世代の演奏家たち、リコーダー游恩齊/ヴァイオリン池田梨枝子/チェロ野津真亮と共に昨年結成した、Ensemble la forza 🎶
東京での第1回公演の後、今年4月の島根公演を経て、来年5月30日に東京・日暮里にて第2回公演開催が決定しました!

昨日はその打ち合わせを兼ねて忘年会😋🍻
la forzaの名の通り、次回もまた攻めの姿勢の、熱いプログラムになりそうです。。
詳細は年明けにご案内します🌟


通奏低音組合のボス(と言うといやがるかな😅)坂本龍右 plays Kapsberger、美しい動画が新しく公開されました。
チェンバロというのは、昔も今もいつまでも、リュートに恋をしている楽器💗
彼のような素晴らしいリュート奏者とご一緒することで、いつもたくさんのインスピレーションをいただいています。

次回、来年2月3日の第5回公演《息吹き 〜 ギャラント音楽を彩る通奏低音の世界〜》では、ギャラント様式にぴったりの「13コース・リュート」が登場するそうです、どうぞお楽しみに❗️

🌱 出演情報 更新しました

2019年11月27日水曜日

来年2月はコンティヌオ・ギルド!

 来年2/2-3の通奏低音組合アウトリーチ&公演》の本チラシが完成しました!!😃


♪ 2/3(月) 於:近江楽堂
第5回公演《息吹き〜ギャラント音楽を彩る通奏低音の世界》

バロックでも古典派でもない絶妙な狭間、ギャラント音楽をテーマに、フラウト・トラヴェルソ奏者の菅きよみさんをゲストにお迎えして、通奏低音組合が、新時代の「息吹き」をたっぷりとお届けします🌼
今回の通奏低音には、本公演では初めて、チェロが加わります!

♪ 2/2(日) 於:スタジオ・ピオティータ
アウトリーチ企画は人気シリーズ「あなたを伴奏いたします!ロココ・ギャラント音楽の巻」

1730〜60年代のフランス語圏・ドイツ語圏をはじめとする地域の音楽を対象に、全楽器・声楽ok、演奏レベル不問、坂本龍右による充実ミニレクチャー付き、その場で自由に選んでいただける通低楽器、翌日の公演とのセット割引あり、で開催/募集いたします❗️

📩 お申し込み・お問い合わせは、通奏低音組合 continuoguild@gmail.com まで。

その他の出演情報はこちらです🎀

急に冷え込みが厳しくなってきましたので、みなさま暖かくしてお過ごしくださいね😊🍁

2019年11月22日金曜日

アンサンブル・エスプレッソ 第29回演奏会 〜 小林裕に贈る一杯。〜

for Yuh...
メンバーに加えていただいて10年目、アンサンブル・エスプレッソの第29回演奏会が、会場いっぱいのお客様に見守られて終演しました。
年に一度の、とっても楽しみで、大切なひとときです🎀

あまりに突然の別れから半年、気にかけて応援してくださった多くの方々のおかげで、無事演奏会を開催できました😌
ぽっかりと大きな穴があいてしまい呆然としていたエスプレッソに、素晴らしい演奏と人柄で新たな風を吹き込み、再び光をもたらしてくれたのは、オーボエ界のホープ荒川文吉くんです。

リハ中も、楽屋でも、そして舞台でも、何度も何度も胸がいっぱいになりました。
でも、かしこまった湿っぽい雰囲気はエスプレッソにも裕さんにも似合わないから、追悼と感謝の気持ちをメンバーそれぞれが音楽に乗せて、いつもどおり笑いの絶えない明るくハッピーなエスプレッソサウンド、天国にも届いたと思います✨

アンサンブル・エスプレッソは来年で結成30年🎉
「ここでやめるわけにはいかない」と、創立メンバーの宮川真人さんがMCで話しておられました。
というわけで、来年《第30回演奏会》は、2020年11月17日(火)です🎶
初めて出演したのが《第20回演奏会》だったので、感慨深い…💛

どうぞお楽しみに❗️


2019年11月8日金曜日

Purcell Project 2019-II《アーサー王》

《ひとり琴》とご報告の順番が前後してしまいましたが、10/31 パーセル・プロジェクト10周年記念公演《アーサー王》、おかげさまでたくさんの御来場をいただき、無事終演しました❗️

華麗なシャコンヌで幕が開き、様々な器楽曲を要所に挟みながら、終わりまで途切れることなく聴かせどころの連続。

豊かな情景描写、登場人物のキャラクター描写もお見事、楽しい酒盛りの大騒ぎが終わったすぐあとには、最上の繊細さで彩られた、美しいあの名曲、その曲順の妙たるや…
さすが、パーセル。

第4回公演からパーセル・プロジェクトに加えていただき、6年間で8公演、全てに参加してきました🐾

大好きなパーセルの音楽を、演奏も人柄も素晴らしいこのメンバーと毎年ご一緒できるのがとても幸せで、その積み重ねで実現した今回の《アーサー王》、感謝の気持ちに満たされながら弾きました✨

今回の個人的目玉は、数年に一度あるかないかの、チェンバロ&オルガンの合体弾き!!
リハ中の写真を撮ってくれていたので、記念に載せます💝

登場人物のキャラクターや場面の雰囲気にあわせて、リハでいろいろ試行錯誤しながら楽器やストップの使い分けを決めていく作業は、とても面白かった🎶
使い分けだけでなく、そもそも鍵盤の通奏低音は奏者によって全く違う音楽が生まれるので、信じて自由に弾かせて(そして時々最小限の手綱を締めて)くださる青木さんにはいくら感謝しても足りません。。

実はぎっくり腰の治りかけのタイミングで、この2台重ねは譜面台・鍵盤・椅子の位置関係がどうやってもベストにはならないので、それはそれでちょっと大変でした💦
皆さんも腰にはお気をつけください😅

今回の公演写真はこちらにもたくさん載っています。
→ Facebook内オフィシャルページ(誰でも見られます)
やけに酔っ払いシーンの写真が多い🍻

そして、来年の公演 Purcell Project 2020 は、9月11日(金)の予定です。
どうぞ今後ともパーセル・プロジェクトを応援してくださいますよう、よろしくお願いいたします🍀